読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金色羊の♀♂◎

ファンタジーな漫画家 田辺いとしのブログです。

工事中を外しました

部分的にはまだ工事中ですけど。汗

田辺いとし計画

自分のサイトを作ろうと思ったきっかけは、漫画を読んでいる画面にも容赦なく顕現なさる広告が嫌だったからです。特に動くやつね。

 

「Gだって一生懸命生きてるんだ!同じく等しい命なのだ」

そのことは理解できるし正論だと思うけど、やっぱりキッチンで出くわしたら

「げっ!」てなるのが人の感情です。

 

どんなにできた人間でも湧き上がる感情を止めることはできません。

わいた感情をどう表現するかの選択を賢明に行えるだけです。

 

見たいコンテンツに被さってくる広告に一体誰が好感を持てるのでしょうか?

むしろ「この商品は買わねぇぜ!怒」となって「同じ商品なら隣のよくわからんメーカーの買うぜ」みたいな人がいても不思議ではない。

いくら社会倫理、広告の必要性を説かれても「げっ!」という不快な感情が湧き上がることを止めることはできないのです。

そしてそれが積もれば行動に出る人もいるということですね。

「広告で親近感を与え、商品を手に取ってもらう」それが広告の仕事だと思う。

独占販売で必需品なら広告しなくても売れますもんね。

嫌われるために広告をうつってどんなマゾヒズムなんですかぃ。

(誤タップだろうが何だろうが閲覧者の数字が多ければ心躍るという錯覚に陥る感覚はちょっと理解できるけど、それじゃダメですよね)

 

まぁこの手の広告については今更私が語ることでもないのでしょうけど、そんな事情でせっかく書いた漫画ですから落ち着いて読んでほしいと思って重い腰を上げたわけです。

 

 

しかし私もいわば一個人事業主(笑)。宣伝の必要性は感じています。

バイルの広告はどうするのがいいんでしょうねぇ。

私はもういっそ「広告は見に来てもらう」という方針はどうかなと思ったんですけどね。企業のサイトに面白い広告を作って上げるっていう。

 

私はMMDのドラマ(?)を見るのが好きで、物品販売の企業は新商品が出たらMMDでその商品を作って無料配布するんです。それでドラマとかダンスのPV?とかに使ってもらったら沢山の人に商品を見てもらえるんじゃないかなと。

あと、その商品をつかった動画のコンテストみたいのを会社のサイトで開催して。(宣伝動画というよりはその商品を使っている動画ならエントリOKくらいの緩さで)

制作者に限り(優秀作品認定された動画は除く?)ニコ動とかYouTubeとかに投稿しても良くすれば、逆流で動画サイトから人を集められるだろうし?

優秀作品に賞金を出したり、新商品のMMDモデル制作のために専用の人を雇っても、今より広告費安くなるんじゃないでしょうか(現在の広告費がいくらかは存じ上げませんが。笑)

などと思いを巡らせてみました。まぁ、個人的にもっと動くMMD(ダンスじゃないやつ ダンスが良くないってわけじゃないけど、同じモーションのばかりだと、ね、うん。)が見たいっていう個人の欲望ですけどね。(`・ω・´)

 

でも物品販売業者以外はどうしたらいいのか…いい考えがまだ思い浮かびません。

…って私ただのマンガ家でした(>_<)☆