金色羊の♀♂◎

ファンタジーな漫画家 田辺いとしのブログです。

良い感じの小道を見たら入らずにはいられない

ラインスタンプ発売のお知らせです。

お花→果実ときたら次は野菜!

 

と、思うでしょ?

私自身もそう感じてた。

 

line.me

 はい、葉っぱ!

なんでそっちに行ってしまったのだ…。

迷子コースではないか(汗)

しかも40枚フルですよ!

葉っぱの地味さとのシンクロ率が高いのでしょうかね私は(;'∀')

 

いやいや、でもねもっと技量があったなら

木の幹の模様をスタンプにしてさ、うん、パッチワーク柄みたいで案外きれいなんじゃ

ないかなとか思うわけですが、さすがに極所を突き過ぎているかなと思って。

葉っぱに思いを託しました(色んな意味で)

 

言葉+葉書でことばがき。

文言が若干、年末年始に引っ張られていますが(笑)それも良しです。

楽しい宴会は年中あっていいし、失態をさらした時のフォロー文も入ってますので安心です(`・ω・´)

 

突然ですが、今回の可愛いで賞(´ー`)は「イシミカワ」!

最初は三角の葉っぱが絵として映えるから描こうとしたんですが、調べたら実の付き方や色も可愛いのでこやつだけ実も一緒に書きました☆(特別待遇)

次点は「サルトリイバラ」二本の蔓がくるんとしているのが可愛い。でもネットで調べるとまんじゅう(?)の画像も多くて、柏餅の葉っぱ的なものとして有名なのかな?

 

始めは図書館で調べようと思って行ったんですが、葉っぱの図鑑みたいのが見つけられなくて、そういや野草の本を昔本屋で買ったなと思い出して、自室の大量の紙の山の中から探して見つけました。

「山菜 木の実 草の実ガイドブック」「旬を見つける山菜・木の実」

食い気がすごいぞ私!

何があっても生き抜く気満々やで(笑)

 

ナズナも絵柄候補にあったのですが、私がナズさんの葉っぱだと認識していた部分は葉っぱではなかったので除外されました。(タンポポと被るかなと思って)

ちなみに、上記の本によればナズナの葉っぱはお浸しとして、タンポポの花は天ぷらで

食べられるみたいです!ヤッタネ!(花は摘むとすぐ萎んでしまうので、野外で早急に調理すべしとのことです。キャンプ料理向きってことだね☆)

 

食べられる葉っぱ=野菜ということで、何気に目的地(?)にも辿り着きました。

これだから寄り道は止められないのです(笑)

 

そして、別バージョンはこちら

f:id:tanabeitoshi:20161128143410p:plain

外国の方々に母国語や英語ではなく、簡単な日本語を知ってもらおうという事で。

しかし、40枚ともなるとネタがつきまして。

(良い枚数で切り上げることができない私。まだまだ未熟ですな。)

それでなんとなく簡単そうな言葉を入れていったのですが、安易であった。

 

チラシで日本語の説明を私なりに試みたのですが…

簡単な日本語ほど、もうただの「あいさつ」だったりして意味を説明するとか

ものすごい難しかったです。

こんなの日本人は意識して使ってないわ…と思いつつも説明するとなると言わねばならぬ。

 

外国語を学んでいる時、男性女性で違いがあったり、動詞の語尾が時制で変わりまくったりして「ネイティブ」だったら楽なのだろうなと思ったけれど、それは日本語も同じだった。

 

「ね」とか「よ」とか説明しろとか言われましても…(誰も言ってない)

「いいですよ」「いいですね」「いいですか」そして「いいです」

「いいです」は前に相手の発した文言で意味が変わってしまうではないか!

「それがなくても私はいいです」「いらないです」で「いいです」でしょ?

「ね」は同意、共感かな?とか思ったり、でも「駄目ですね」とか言うしさ、

「駄目です」「駄目ですね」の違いを考えると、「ね」は優しい感じ、同じ位置に立って発されている言葉。「駄目です」は対岸に立って発されている感・・・。ということは同調??

簡単な日本語なのに、分解すると難解になってくる(´;ω;`)

 

日本人で良かったなと何だかよくわからない安堵を得ました。

悶絶(過大表現)しながら作ったチラシ、笑いながら見てやってください。